医療法人社団 山中胃腸科病院【公式ホームページ】

ymnk-hsp-user

2024/02/22
2024ゴールデンウィークの健診について
2024/02/01
CT検査装置更新に伴う検査休止日のお知らせ

当院では、さらなる高画質を求めてSIEMENS社製へ更新することといたしました。
更新工事期間中の下記日程におきましては、CT検査を休止させていただきます。 大変ご不便とご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

■CT更新工事期間
令和6年2月4日(日) 16 時 ~ 2月9日(金)

■CT検査再開予定日
令和6年2月10日(土)

医療法人社団 山中胃腸科病院
放射線科

2024/01/01
2024/1/1 ブログ

謹賀新年 2024元旦

甘えている場合でない ~私は十分見えている~

2016年夏、右眼虹彩炎をきっかけにメンタル不調になり、対人トラブルにより失職。不本意ながら、無職になった。この時、車の運転も危険であり、日常生活にも支障があった。しかし、左眼はきちんと見えていた。
ショックも大きかったが、偶然、もっと厳しい環境にいる人々を知ることになった。そして、その人々の活躍を追いかけた。
 大したことない些細な悩みに浸かっている小生自身を恥じた。

まず、まんが「北斗の拳」に登場してくる「南斗白鷺拳・仁の星」シュウの生きざまは見事であった。ケンシロウを救うために己の光を失っても(自ら失明)、心の目を開いて戦い続け、平和をこよなく愛した。まんがとはいえ、心に沁みた。

次に、日本で有名な盲目のピアニストである辻井伸行(つじいのぶゆき)さんは世界的にも通用する。誰も疑わない一流である。ちなみに、夏川草介原作のベストセラー小説「神様のカルテ」(櫻井翔、宮崎あおい主演で2011年8月に映画化)は、地方医療の現場を題材にし、主人公(栗原一止)が医師として成長してゆく姿を描いた傑作。この映画のテーマ曲は、ピアニスト辻井さんによる書き下ろしだそうだ。辻井さんの過去のピアノソロ作品やオーケストラ版、吹奏楽版の編曲も加え、アルバム「神様のカルテ ~辻井伸行自作集~」および「神様のカルテ ~辻井伸行自作集 =SPECIAL EDITION=」が、2011年7月27日に同時リリースされた。

(アマゾンで発売されている)

竹下義樹(たけしたよしき)さんは石川県輪島市生まれ。中学3年の時、失明。大学在学中より視覚障害者の司法試験受験の実現を目指して運動を展開。点字受験の道を開き、昭和56年合格。盲目弁護士のパイオニア。京都法律事務所を経て平成6年独立(竹下法律事務所を設立)。生活保護など社会保障関係の訴訟を中心に活動。著書に「ぶつかって、ぶつかって。」があり、小生はすでに購読済である。

(小生、アマゾンで購入)

かつて、記者会見している竹下さんをテレビで見た記憶がある。謙虚な態度であった。盲目で実務をこなしていくこれからに、緊張感を漂わせていた。

以下は、竹下法律事務所ホームページから引用させて頂いた。
 「弁護士の活動は、決して人を助けるということではありません。医師は患者の病気を治すのではなく、患者自身が持ち合わせている快復力を助けるというのが医師の役割であるのと同様に、弁護士も依頼者自身が持ち合わせている力を引き出し、あるいは依頼者自身の決定に助力するのが本当だと思います。
しかし、そのためには弁護士自身が常に学習し、向上心を持ち続けていなければなりません。法律もどんどん改正され、国民のニーズも大きく変化しています。そうした社会の変化に対応するためには、学習とともに柔軟性も持ち合わせていなければなりません。
また、専門性が問われる時代になったことを思えば、これまでのようにオールマイティを目指すのではなく、得意分野をいくつ持てるかが問われているとも言えます。
そして、事務所を訪れる依頼者のニーズに応えるためには、複数の弁護士による対応も必要です。そうした弁護士としての責務を果たすには、個々の弁護士の努力だけでなく、つくし法律事務所全体としての力量が問われることにもなります。弁護士、事務員が一体となって依頼者が満足感を得られる事務所にしていきたいと思います。」

ちなみに、現在、重度視覚障がいのある弁護士が6名いる。見事以外の何ものでもない。真似できない神業。脱帽。
そのなかで、全盲で司法試験に合格した日本で3人目の弁護士を紹介したい。
大胡田誠(おこだまこと)さん。先天性緑内障により12歳で失明。慶應義塾大学大学院法務研究科(法科大学院)修了。8年に及ぶ苦学の末に、2006年、(5回目のチャレンジで)司法試験に合格。2007年から渋谷シビック法律事務所に所属。2013年からつくし総合法律事務所に所属。一般民事事件や企業法務、家事事件(相続、離婚など)や刑事事件などに従事するほか、障がい者の人権問題についても精力的に活動している。

(小生、アマゾンで購入)

最後に、カッコイイとは、ハンディキャップをはね退けて平静を保つことであろう。
そう考えれば、今でも小生は未熟である。くちばしが黄色く、尻が青い。

今年も謙虚かつ勤勉に生きていくことを誓う。

ああ、忘れていた。おっちょこちょい。

今年の目標を書くのを失念してしまった。

今年の目標

1.患者目線・障がい者目線
一人前以上になれるポテンシャルを持った人もいるし、実際いた。だから、見習いたい。

2.学会出席
コロナ禍が明けたので、現地に行って講演を聴講したい。

3.福井に帰省
キャンピングカーをレンタルして、小旅行を楽しみたい。

4.漢方医学
漢方を学び直す(漢方を学び、治す)

2023/12/31
大晦日

 ゆく年くる年

 今年も健康に過ごせました。すべてに感謝です。

 皆に栄光あれ

齋藤孝仁

2023/12/30
もう見たくない夢

 突然、母校の大学病院に戻ることになった。しかし、暗い気分が付きまとっていた。

 懐かしさを感じつつ、不安ながらに大学病院内を歩いていると、同級生T先生が教授になっており、廊下中央で笑顔で迎えてくれた。「よー、齋藤」って感じ。

 また、同級生I先生が教授になっており、階段付近で笑顔で手を振ってくれた。「齋藤君~」って感じ。

 ところが、その二人の先生を除いて、すれ違うすべての職員に無視された。何とも冷たい歓迎であった。暗雲立ち込める雰囲気であった。

小生の深層心理はいかに?

 旧友二人(部活も同じ)は出世して立派になっている。

 羨ましいけど、順当であったと思う。

 そして、学生時代から小生にすごく優しかった。

 一方、誰もが小生を相手にしてくれない理由がわからない。しかし、そもそも入局していた医局に当初から歓迎されていなかったのだろう。受けた扱いが心的外傷につながったのかもしれない。だから、心の奥底でいつまでも引き摺っているのだろう。

 永遠に弱者かつ敗者・・・。小生はこれを受け入れている。もう忘れよう。あの過去を。

2023/12/29
ビジネス実務法務検定3級

 最近、興味本位で東京商工会議所主催のビジネス実務法務検定3級の試験を受けた。


 自宅受験が可能になっており、IBT(Internet Based Testing)方式がある。IBT方式とは、受験者自身のパソコン・インターネット環境を利用し、受験する試験方式である。IBT方式では、新型コロナウイルス感染症への感染防止対策はもちろんのこと、自然災害(台風など)、鉄道・道路等の交通状況にも左右されることなく、受験できる。
 受験前にカメラを通じて本人確認と受験環境の確認を行い、受験中は終始カメラを通じて試験監督が受験者を監視している。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 民法を勉強したばかり。ドリフの大爆笑に面白いコントがある。
 仲本工事といかりや長介・・・宝くじの賞金の行方は?・・・この結末は意外な結果に!?
https://www.youtube.com/watch?v=KyA4f6rFyLw

 ここから、心裡留保っていう専門用語が思い浮かぶ。
 
心裡留保(しんりりゅうほ)とは
 本人の真意とは異なる内容を、本人が外部に表示することをいう。例えば、ある品物を買う意思がまったくないのに、冗談で「その品物を買います」と店員に言う行為が、この心裡留保に該当する。心裡留保とは「真意を心のうちに留めて置く」という意味である。
 このような心裡留保による意思表示は、有効な内心的効果意思を欠くものとして無効とするという考え方もありうるが、民法ではこのような真意と異なる意思表示をする本人は法の保護に値しないとの趣旨により、心裡留保にもとづく意思表示を原則的に有効と定めている(民法第93条本文)。
 ただし、心裡留保にもとづく意思表示の相手方が、本人の真意に気付いていた場合(または通常の注意力を働かせれば真意に気付いて当然であった場合)には、相手方を保護する必要がないので、心裡留保にもとづく意思表示は無効となる(民法第93条但書)。

結果は以下の通り。

除夜の鐘。ゆく年くる年。
皆様、よいお年をお迎えください。

2023/12/28
医師のやりがい

 福岡市の救急医療を担う基幹病院で、2024年夏までに医師15人が集団退職する予定という。2023年10月の院長交代がきっかけで、「新院長の方針への反発」が理由と某総合診療科医師(退職予定)が話す。また、「裁量権を失ったとしばしば感じ、モチベーションが大きく低下した」とも言う。患者振り分けに専念させ、ある程度診断が付いたら臓器別専門科に紹介する方針としたことも要因という。さらに、総合診療科医師は1人いればいいとされた。ちなみに、大学から派遣の整形外科医師も引き上げるという。

 この集団退職で救急体制は手薄になることが予想される!
 救急搬送患者を診るべき常勤医師が不在となる可能性が高い!!
 本当に適切な対応ができるのかきわめて疑問!!!

 病院側の考えや今後の方針はいかに???
 

 最後に小生の意見を述べておく。
  類似ニュースは時々耳に入るし、総合診療科医師に対する酷評を感じた時期があった。
  ドクターマイナス(Dr-)の扱いは残念だ。その風当たりも強かった。
  だから、進化型総合診療構想を思いついた。医師のやりがいを希求して。

2023/12/27
失恋の代償

 中学校時代の初恋の話は耳にタコが出来るほど書いたように思う。しかし、その後も恋愛物語(失恋物語)は儚く続いていた。

 高校時代にセカンド・ラブに遭遇した。初恋時に告白できなかったので、今回は勇気を持って告白できた。一時的にうまくはいったものの・・・、短期破局。順風が逆風となり、空中分解状態になった。破滅状態になり、狂った歯車に制御がかからなくなり、(子供の頃から発症していたであろう)適応障害が悪化してしまった。受験生たる小生に、無力感が漂った空白の期間が生まれてしまった。

 その他にも失恋物語がある。敗者は悲しいわけだから、そっとしておいて欲しいだけ。立ち直るまで。

 ところが、蛇足であるが・・・、失恋の代償は相当厳しい。

  ①永遠に敗者
    名誉回復や汚名挽回はなし。
    あの時、破恋した以上、その地位はそのまま。

  ②勝者が敗者の名声を引き継ぐ
    敗者の名誉が、勝者の名声に置き換わる。

  ③常に劣勢
    勝者と同じ環境にいる場合、明らか。
    同窓会に出席しようものなら、会話ができない。こちらから話しかけても、よそよそしい。

  ④関係のない短所までも暴露される
    悪人に仕立て上げられる。反論できない。   

 もちろん、相手にもよるが・・・、環境を変えない限り厳しいようだ。
 悔しいけど。負けは負け。その通り。惚れた者の負けなんだ。

2023/12/26
未来予想図2(DREAMS COME TRUEの曲)

平成17年~20年に練習して、辛うじて独学伴奏できた。
都会でくすぶっていた時、小生自身を慰めるために練習を始めた。

平成18年秋に帰郷してからも洗練していたけど、上手には弾けなかった。
自己研磨に対する資格試験に突入していたので、過密スケジュールの影響でピアノ練習は封印された。

1番
卒業してから もう3度目の春
あいかわらず そばにある 同じ笑顔
あの頃バイクで 飛ばした家までの道
今はルーフからの星を 見ながら走ってる
私を降ろした後 角をまがるまで 見送ると
いつもブレーキランプ5回点滅
ア・イ・シ・テ・ル のサイン
きっと何年たっても こうしてかわらぬ気持ちで
過ごしてゆけるのね あなたとだから
ずっと心に描く 未来予想図は
ほら 思ったとうりに かなえられてく

2番
時々2人で 開いてみるアルバム
まだやんちゃな 写真達に笑いながら
どれくらい同じ時間 2人でいたかしら
こんなふうにさりげなく 過ぎてく毎日も
2人でバイクのメット5回ぶつけてたあの合図
サイン変わった今も 同じ気持ちで
素直に 愛してる
きっと何年たっても こうしてかわらぬ思いを
持っていられるのも あなたとだから
ずっと心に描く 未来予想図は
ほら 思ったとうりに かなえられてく

ほら 思ったとうりに かなえられてく・・・

思った通りに叶えられていく夢ならいつでも見たい。しかし、悪夢ばかり。
ちなみに、ピアノ伴奏は認知症予防にいいという。昨年、認知症予防学会に入会した。さあ、専門医になれるように、自己研鑽しよう。
未完成の未来予想図3を心に描こう。

2023/12/25
鳥の詩(唄 杉田かおる)

初恋時代が終わって、中学3年生。やはり、哀愁漂う日々。
転校していった彼女を思いながらも、歌詞に心動かされて独学伴奏できるようにした。

好きなところは下線部。

1番
あなたがいた頃は 笑いさざめき
誰もが幸福に見えていたけど
人は人と別れて あとで何を想う

鳥は鳥と別れて 雲になる 雪になる
私の心が空ならば 必ず真白な鳥が舞う
鳥よ 鳥よ 鳥たちよ
鳥よ 鳥よ 鳥の詩

2番
あなたを想うのは 日ぐれ時から
あたりが夕闇に沈む時まで
人は人と別れて 夜にひとり迷う

鳥は鳥と別れて 月になる 風になる
私の心が水ならば 必ず北から鳥が来る
鳥よ 鳥よ 鳥たちよ
鳥よ 鳥よ 鳥の詩

3番
あなたはいつの日か 巣立つ私を
静かな微笑みで見つめてくれる
人は人と別れて 愛の重さ覚え

鳥は鳥と別れて 春になる 秋になる
私の心が湖ならば 必ずやさしい鳥が棲む
鳥よ 鳥よ 鳥たちよ
鳥よ 鳥よ 鳥の詩

中学校3年生時代は、多忙な日々であった。生徒会活動も行っていたから。

確か、中学2年生の3学期末。生徒会に立候補したとき、壇上から彼女を眺めた記憶がある。

このとき、転校していく情報はなかった。しかし、前年夏にみた夢は正夢になることに。

彼女の転校は現実となった。

外来診療の受付時間

交通アクセス

〒510-0958
三重県四日市市小古曽3-5-33
> 詳細はこちら