医療法人社団 山中胃腸科病院

個人情報保護法に関する基本方針

 当院では、患者様への質の高い医療を提供できるよう、努めております。
 また、患者様への医療行為・サービスを行うため、患者様の個人情報をお預かり致します。この情報は重要な管理すべき情報と認識しており、下記の基本方針に基づき、医療情報の管理を行い、患者様の個人情報保護に厳重な注意を払っております。

  1. 取得する個人情報の利用目的
     当院では、診療及び病院の運営管理に必要な範囲においてのみ、患者様の個人情報を収集しています。
     また、必要な情報の範囲・内容に関しては、医学的・専門的判断を必要とする場合もありますので、疑問点に関してはいつでも説明に応じます。
  2. 個人情報の提供・預託
     当院では、一部の検査等を外部の医療施設や検査会社等に委託する場合があります。この際、患者様の個人情報をこれらの施設等にお知らせする場合があります。このような場合、信頼の置ける施設の選択や契約により個人情報が不適切に扱われないように契約を交わしております。
  3. 個人情報の安全対策
     当院では、患者様の個人情報を適正に取り扱う為に責任者を置き、職員教育を行なっています。
     また、患者様の個人情報への不正アクセス・紛失・破壊・改ざん・漏洩を防止し、安全で正確な管理に努めます。
  4. 個人情報に関する法令・規範の遵守
     当院では、個人情報保護に関する法律を遵守し、さらにJISQ15001に即したコンプライアンスを作成し、患者様の情報を管理致します。
  5. コンプライアンスの継続的改善
     当院では、コンプライアンス・プログラムを適宜見直し、継続的な改善を図ります。
  6. 開示・問い合わせ窓口に関して
     当院では、患者様の健康及び生命を守る為に、診療上個人データを第三者へ知らせることが求められる場合も必要性を吟味し患者様の個人情報の保護に努めます。
     また、患者様の要求に応じ、医療情報の開示もしています。

医療安全管理部内

患者さまに安全な医療サービスを提供するために、病院全体の安全管理を担う部門です。
>>山中胃腸科病院における医療安全管理組織図(PDF)

基本理念

医療従事者の不注意で医療上望ましくない事態を引き起こし、患者さまの安全を損なう結果とならないように、安全な医療サービスを提供するために、病院全体の安全を確保するための対策とシステムを構築します。日常診療の過程に幾つかのチェックポイントを設けるなど、単独の過ちが即ち医療事故というかたちで患者さまに実害を及ぼすことのないような仕組みを院内に構築します。それぞれの医療従事者の個人レベルでの事故防止策と医療施設全体の組織的な事故防止策の二つの対策を推し進めることによって、医療事故を無くし、患者さまが安心して安全な医療を受けられる環境を整えるように努めます。

主な取り組み

医療安全管理委員会を1回/月開催

  ●院内ラウンド
  ●インシデント・アクシデント・医療事故報告の分析、管理
  ●医療安全研修の企画
  ●医療相談

2019年度インシデント・アクシデント・医療事故件数
(2019年4月1日~2020年3月31日)

総件数 257件
●インシデント 253件
 レベル0:25件、レベル1:108件、レベル2:99件
 レベル3a:21件
●アクシデント 4件
 レベル3b:4件
●医療事故 0件

※画像をクリックすると拡大されます。

 医療相談窓口、ご意見箱を設置し、患者さまや患者ご家族様等からのご意見や苦情等を積極的に取り入れ、毎月1回委員会を開催し、対応及び改善策などについて検討しています。
 医療相談室は外来受付窓口横に設置しております。相談のある方は外来受付窓口に声をお掛け下さい。火曜日、金曜日、祝日除く毎日、9時~16時に相談をお受けしております。

外来診療の受付時間

交通アクセス

〒510-0958
三重県四日市市小古曽3-5-33
> 詳細はこちら