お問い合わせ:9時~17時
udic2013@yamanaka-hsp.or.jp

脳ドック(頭部MRI+頚動脈エコー)

まだまだ多い脳血管疾患(脳卒中)

脳梗塞や脳出血、くも膜下出血に代表される脳の病気を総称したものを脳血管疾患といいます。 脳血管疾患は、がん・心疾患に次いで日本人死因の第3位。毎年25万人以上が新たに発症しているとされています。

【日本人の死因順位】
順位 病名
第1位 がん
第2位 心疾患
第3位 脳血管疾患(脳卒中)

脳血管疾患(脳卒中)とは

脳血管疾患(脳卒中)とは脳の血管が詰まったり、破れたりする病気です。

脳梗塞(血管が詰まる)

  • 脳血栓症
  • 脳の比較的太い血管の動脈硬化による狭窄や血のかたまりによって少しずつ詰まる病気です。
  • 脳塞栓症
  • 脳の血管に心臓などでできた血のかたまりが流れ血管をふさぐ病気です。
  • 一過性脳虚血発作
  • 一時的に脳の血管が詰まるが、すぐに血流は再開する病気です。 脳梗塞の前触れとして現れることがあります。

脳出血(血管が破れる)

  • 脳内出血
  • 脳の細かい血管が破れる病気です。
  • くも膜下出血
  • 脳の表面の主要血管にできたこぶが破れる病気です。

脳血管疾患(脳卒中)の危険因子

高血圧 高脂血症
糖尿病 喫煙
心房細動 心房細動 肥満など

脳血管疾患(脳卒中)発症者の予後

脳卒中は、一度発症すると後に何らかの障害を残すことが多い重要な疾患です。 治療の進歩により、脳卒中で命を落とすことは少なくなりましたが、後遺症のために不自由な生活を強いられる人は増えています。

脳ドックの検査項目

MRI

MRI(磁気共鳴断層撮影装置) 頭蓋内病変の有無について高いコントラストで描出します。

MRA

MRA(磁気共鳴血管造影装置) 微細な脳血管を明瞭に観察でき、微小な動脈瘤、血管のわずかな狭窄も診断可能です。

早期アルツハイマー型認知症検査

早期アルツハイマー型認知症(早期AD)では、記憶に関わる部位(海馬傍回)が萎縮することがわかっています。この萎縮の程度をMRI画像をもとに、専用のVSRADソフトを用いて解析評価いたします。(この検査は50歳以上の方が対象となります。) 早期AD検査は、症状やMRI画像、高次脳機能検査などをもとにした総合診断のための補助情報です。

ABI検査

脳卒中の原因として大きな比重を占めているのが動脈硬化です。動脈硬化は、動脈にコレステロールや中性脂肪などがたまって詰まったり、硬くなったりして弾力性や柔軟性を失い、スムーズに血液が流れなくなた状態をいいます。 動脈硬化は年齢と共に発病率が上がり、自覚症状が感じられない場合が多く、目に見えない爆弾です。ABI検査では、上肢と下肢の血圧を同時に測定することで、動脈硬化の進行度を評価することができます。

頸動脈超音波検査

頸動脈壁の厚み、狭窄、動脈硬化の状態について調べます。頸動脈は動脈硬化が発生しやすい部位であり、動脈硬化が進行するとコレステロールがたまってできる血管壁の隆起(プラーク)が生じ、血管の内腔が狭くなって詰まりやすくなります。血管が詰まると、脳梗塞や心筋梗塞の原因になります。 検査時間は30分程度で、痛みや被曝はなく、リラックスして受けていただけます。 健診でメタボリックシンドロームと言われた方、高血圧・糖尿病・高脂血症など生活習慣病のある方、脳梗塞にかかったことがある方は、頸動脈超音波検査を受けられることをお勧めします。

高次脳機能検査

この検査では、客観的に「もの忘れ」などがどの程度あるかを調べます。 見当識、記憶力、計算力、言語的能力、図形的能力などを調べる簡単なテストです。

脳ドック

脳ドックは脳の病気の危険因子を発見するための検査です。

脳ドックの目的

症状が現れていない方を対象に、脳や脳の血管を詳しく検査し、脳の病気や危険因子を発見することが目的です。 高度な医療機器MRIを用いて全身をDWIという特殊な撮像法を用いて撮像し、PET-CTのような画像を得ます。また、腫瘍マーカ検査を組合わせることで、ガンを発見します。

注意事項

下記に該当する方は、脳ドックが受けられません。

  • 心臓ペースメーカーを埋め込みされている方
  • 体内に金属などの人工的なものが入っている方
  • 刺青をしている方
  • 閉所恐怖症の方
  • 妊娠中または妊娠の可能性がある方

当院の脳ドック

  • 最新の1.5TテスラMRI装置で検査を行います。
  • 脳神経外科専門医と画像診断専門医の2名の専門医による高度な診断を行います。

このような方にお勧めします

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 脂質異常症  など

脳の病気は、突然発症して一瞬のうちに生命を奪ったり、言語障害や麻痺などの重い後遺症を残すことも少なくありません 脳ドックの検査は、特に症状がみられないまま進行する脳の病気の発見に優れた成果を上げています。

脳ドックでわかる異常

  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • 未破裂脳動脈瘤
  • 脳腫瘍
  • 頸部・脳主幹動脈の閉塞や狭窄
  • 脳動静脈奇形・海綿状血管腫・もやもや病  など